LONAのクリスマス企画その1 【カリグラフィータグ】
2021年11月28日 日曜日
みなさんこんにちは!

 

お久しぶりにブログを更新します。
最近はおかげさまで制作が盛り上がっており
日々、鋭意制作中でございます。

 

先月の限定色も送りきれていないまま次の企画のご案内をするのは
大変恐縮なのですが、クリスマスは待ってくれないから、、、

 

そう!ク〜リスマスが今年もやってくる〜のです、、!
竹内まりやさんのあの曲が脳内で流れてきますね。
店内もクリスマスモードにして、ちょっとだけはしゃいでおります。(本当はだいぶはしゃいでいます)

 

LONAではクリスマスに向けてワクワクをご用意致しました!

 
インスタグラムでは先行でお知らせしましたが
クリスマス企画を4つご準備しましたので
一つずつご紹介したいと思います。

 

まず一つ目は、、

【LONA×calligraphy / クリスマスタグプレゼント】

ご覧下さい、、!この美しい文字を、、

カリグラフィー(calligraphy)をご存知の方も多い方と思いますが、ちょっとだけご説明、、!

 

カリグラフィーとは、ギリシャ語で「美しい書き物」を意味し、文字を美しく見せるための手法のことを指します。カリグラフィーの歴史は古く、ヨーロッパではグリーティングカード・名刺・看板・表札など、様々なスタイルで日常生活に溶け込んできました。

 

美しい文字は日常的でありながら、本当にアートそのものだと思います。
私は昔からこのカリグラフィーに憧れておりまして、、
自分でも書いた事はあるのですが、、

 

まぁ難しいよね、、!!笑
ぜんっっぜんイメージ通りに書けなくて泣きました。
革にカリグラフィーとか絶対可愛いのになぁ〜と思っていたのですが
この様だから自分じゃ無理か、、、と諦めていたのですが

 

結構やりたいことには執念深いたちでして、、(軽く粘着質)
コツコツ(執念深く)探していたら
ついに素敵なカリグラファーさんを見つけちゃいました!
早速「こんなのが作りたいんです、、!」と問い合わせをしたところ
快くお仕事をお引き受けいただけまして、、涙
こうしてLONAの革がカリグラフィーのキャンバスになったのです。

 

 

この素敵な作品を書いて下さったアーティストさんもご紹介させていただきます〜^^

 

出口晃 さん
designer・calligrapher
デザイナー・カリグラファー
植物細密画・ボタニカルアートや西洋書道カリグラフィーなどを使用した装飾的な絵柄やデザインの制作を行いながら「カリグラフィーレシピ」で関連情報を発信されています。

 

 


ブログやHPもとっても面白いのでカリグラフィーや絵に興味のある方にオススメです♪

vv

今回は出口さんの書かれた文字を真鍮から削り出して
それを一点一点革に刻印していきます。
こちらのクリスマスタグを、クリスマス企画該当アイテムをご購入の方全員にプレゼントいたします◎

 

自分で言うのもなんですが、めっちゃ素敵なのでぜひGETしていただきたいです笑
プレゼント用に沢山欲しいですっ、、って方向けに別途販売も予定しております〜!

 

日程や詳細は近日お知らせいたします。
それでは、また♪

ページトップへ