SHOPからのお知らせ

About us

About us

Concept

LONA (ロナ)は、革の鞄屋です。
持つ人の魅力を引き立たせる佇まい『NOBLE CRAFT』をコンセプトに上質な革で、ひとつひとつ、ハンドメイドしています。



About LONA

LONAとはスペイン語で『キャンバス』という意味。
真白いキャンバスに、未来を自分の筆で描きあげる。
LONAが描きたいのは、プロダクトを手にした人が、自分らしくあり幸せになる未来です。



Bag designer


- SAKURA AOKI -

1988年 福島県出身
2009年3月 宮城文化服装学院 / デザイン科卒業
2013年7月 株式会社ヘルツ入社 / 革鞄のデザイン及び制作技術を学ぶ
2020年6月 革鞄ブランドLONAをスタート
2021年3月 浅草にアトリエ店舗をOPEN

ものづくり

LONAは『自分自身の心躍るもの』をつくります。
心からワクワクする気持ちは、誰かを幸せにすると信じて。



環境活動

環境保護の一環として、配送梱包時にプラスチック製品を使用しない取り組みを行っております。
他にも納品書や取扱説明書のペーパレス化など、限りある資源を大事にする取り組みをみ増やし、豊かな未来を目指します。





Leather

イタリアの老舗タンナーであるLOSTIVALE社のBulgaro、Nnebraska、Tenderを主に使用しています。

いずれもバケッタ製法の革で、限られたタンナーの熟練した職人によって、手仕事で作られます。多大な時間をかけて、たっぷりとオイルを漬け込んでいるので、革の芯までオイルが染み込み、程良くしっとりとした手触りに。
吟面自体の光沢感もあり、とても高級感漂う雰囲気の革です。

詳しくはこちら




経年変化と、お手入れ

LONAで扱っている革は、油分を多く含んでいる為オイルケアは殆ど必要ありません。触った時に乾燥を感じる場合のみ、オイルケアが必要です。主なメンテナンス方法は、柔らかい布での乾拭き、馬毛ブラシによるブラッシングです。ブラッシングをすると、毛穴に詰まったホコリや汚れがとれ、革の中に含まれるオイルも染みでやすくなります。 革を長く美しい経年変化で楽しむ為に、定期的なブラッシングをお勧めします。





修理

長く安心してお使い頂くためのアフターケアとして擦り切れてしまった糸や摩耗してしまった金具などの修理交換が可能です。
お買い上げから3か月以内の修理に関しましては無料で行なっております。
詳しい納期や修理費用はContactのフォームよりお問い合わせ下さい。

CALENDAR
  • 今日
  • 定休日
  • 出張イベントin Fukushima

ページトップへ